So-net無料ブログ作成
2018年04月| 2018年05月 |- ブログトップ

「三沢川いきものがたり」のものがたり Vol.01 [気になる映画]

新連載★街なかの生物多様性ドキュメンタリー
    「三沢川いきものがたり」のものがたり Vol.01★

「里地里山」よりもっと身近な「人の生活圏」に棲む生き物たちを記録。


昨今、”生物多様性”という観点から、生活に身近な生きものたちの生態系を見つめることで人の環境を見直そうとする機運が全国的に高まっています。

東京都稲城市は、南はその名の通り南山と呼ばれる多摩丘陵を背に、市内のほぼ中央を多摩川に注ぐ一級河川三沢川が東西に横断し、そこには実に多様多彩な生物が生息しています。
つまり三沢川は人の生活圏内を流れていることから、「里地里山」以上に身近な、いわば「街なか」の生態系を示す貴重なモデルといえるでしょう。

この作品は、6年間にわたって三沢川の様子を撮影したものをまとめたものですが、思った以上に多くの生き物が生活していることに感動し、それはそのまま、多摩地域の自然環境、生活環境の豊かさ、住みよさを示すバロメーターではないかと感じました。

その意味で「三沢川いきものがたり」は、環境や生態系など理系のテーマにとどまらず、広く多摩地域の魅力そのものをアピールするものであると考え、街づくりのコミュニティや教育、観光、福祉、地域活動等、より広い場面で話題にされ、役立てて頂くことができれば、制作者としてそれに過ぎる喜びはありません。

写真 01-2.JPG
①/「三沢川いきものがたり」の撮影を開始したころ(2011.6)の多摩丘陵(南山)の様子。開発は始まっていたが、丘陵部の里山はまだかなりの部分が残されている。

写真 02.-2.0JPG.JPG
②/同、2011.5 の三沢川の様子

川床に堆積した砂地がかなり豊かで、草も程よく茂り、鳥や昆虫、爬虫類にとっては恵まれた住環境を形成していた。
問題は蚊などの虫が湧きやすく、近隣住民にとってはそれが悩みの種。また川床が高いと豪雨の場合など洪水になりやすい。
川床の様子をどの程度に保つかは自治体にとっても大きな課題。

写真 03-2.JPG

③/同、2011.5 の三沢川の様子
川床のところどころには桑、クルミなどの樹が自生し、鳥たちの食糧源になっていた。
けれども、降った雨は滞りなく流さなければならない河川管理上、河川敷内の樹木も悩みの種。
大木に育って、葉先まで真っ黒な実をつけて、もっぱら小鳥たちの餌になっていたこの桑の木は、数年前に伐採されて、今は無い。
ここでも、自然環境と河川行政とのしがらみが…。

写真 04-2.JPG

④同。2011.5 
川床に木があると、雨後、水量が増え、水が引くと、木の枝に引っかかったごみが取り残される。
鳥たちのレストランや隠れ家、雨宿りに好都合のこのような樹は、ほぼ1年後には伐り払われて、すべて無くなってしまった。

★特設ホームページ  → https://faavo.jp/tokyochofufuchu/project/2706 


nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「三沢川いきものがたり」の三沢川と私 [気になる映画]

SnapShot.jpg
■三沢川の土手を歩く。正面は多摩丘陵(南山) 1965年冬、8ミリ映画より 
 現在この両岸は見事な桜並木。けれども家屋に遮られ、この写真と同アングルでは撮影不可



「三沢川いきものがたり」の三沢川と私


島倉 繁夫


  昨年、私は、“生物多様性”ドキュメンタリー映画「三沢川いきものがたり」を完成させました。6年を費やしたその作品は企画から撮影、編集、解説まですべて一人で仕上げたものです。それは資金がなかったからですが、作品の純血性にこだわったという点が偽らざるところです。幸い地元公開では大方のご好評をいただき、この度この作品に磨きをかけるべく、クラウドファンディングによる作品のリプロデュースに取り掛かったところです。 


 「三沢川いきものがたり」の舞台、東京都稲城市(いなぎし、人口9万人)のほぼ中央を横切って流れる三沢川は、都県管轄の一級河川です。三沢川全体は東京都町田市北西に端を発し、神奈川県川崎市の西端をかすめて流れた後、稲城市市街地を通って再び川崎市に入り多摩川に注いでいます。つまり、東京都と神奈川県のほぼ境界部を流れている多摩川の支流です。「三沢川いきものがたり」は、この三沢川のほぼ中流域に当たる、丘陵地のふもとから神奈川県との県境まで、ほぼ3キロ強の街なかを往復ウォーキングがてら撮影した画像をまとめたものです。
 


20 天神下-2.JPG
●稲城市内を流れる三沢川と「三沢川いきものがたり」の撮影範囲(ブルーで示した範囲)       by GOOGLE


 作品をご覧になった方から「水源から河口までの記録が見たい」とのお話もありましたが、私の興味
(ねらい)は別のところにありました。里山における生き物の生態はよく話題に上りますが、私はそれよりももっと身近な 人と生活圏を同じにする生物”、つまり街なかの生き物たち”に関心があったのです。それは取りも直さず、50年以上も住み着いた文字通り第二の故郷稲城に対する思い入れに他なりません。それを語るには半世紀前に遡る必要があるでしょう。
 


私が初めて東京都南多摩郡稲城町矢野口(当時)に立ったのは1961年秋。その時に見た夕方の情景は忘れられません。陰りを見せて遠くに横たわる多摩丘陵(南山)。ふもとに漂うかすみを背景に数軒のわらぶき屋根。遮るものもなく足元まで続く広い田んぼを南北に分けて続く細長い草むら。それが三沢川の土手でした。そしてカエルの声…。それはそのまま、子供のころ故郷長岡の農家に育った私が見た風景に全くと言っていいほどそっくりだったのです。強い郷愁に胸打たれながら、「ここに住みたい」、そう思ったのでした。その数年後に結婚。念願の居を稲城に構えました。(記事のトップ写真はそのころ撮った8ミリ映画です) 


ところが時代は高度経済成長期。家と都心を往復する生活は、稲城に住みながらの稲城知らず。多摩ニュータウンの開発で南山の形が変わるほどの変化や汚れきった三沢川の姿は気になっていましたが、家から離れた地域を訪れる余裕はありませんでした。


やがて気が付けばバブル崩壊。言葉通り「失われた20年」だったと首を垂れながらの今日。目を開かせてくれたのが、いつも近くを流れている三沢川でした。そこには、一度は再起不能に見えるほどに汚れた三沢川が、昔の清流に見事に復活していたのでした。
これだ! これを記録しておかなくちゃ。
という訳ですから、三沢川の生き物たちを撮影しているときには、私の少年時代の記憶がいつも蘇っていました。 


折しも社会は環境の大切さを認識し、そのバロメーターのひとつである“生物多様性”を合言葉に、その永続的な実現に向けて行政ぐるみで取り組むようになりました。
 この「三沢川いきものがたり」のテーマは“生物多様性”ですが、包み隠さず言えば、この度の三沢川の撮影・編集作業は、あくまでも私にとって”第二の郷里の記憶”を編む作業であり、テーマとして掲げた”生物多様性”は、結果として後付けされたキーワードだと気付かされたのでした。 


作品のリプロデュースが、このたびのクラウドファンディングによる皆様のお力で実現することを願うとともに、清流と多くの生き物たちの姿を集めたこの作品が、「三沢川の過去の記録」にならないように強く念願するものです。



DSC00981-3.JPG
●2018年3月31日現在の多摩丘陵の様子。
 トップ写真の撮影位置より左手寄りの高い位置から撮影。




nice!(34)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

2018年04月|2018年05月 |- ブログトップ