So-net無料ブログ作成
検索選択
ARTな世界 ブログトップ
前の5件 | -

圧倒的重量感、ミュシャ展の「スラヴ叙事詩」に息をのむ。 [ARTな世界]

P1100198-3.JPG

P1100213-3.JPG

P1100243-3.JPG


 忙中暇あり。12日、晴れたので、前から行くことに決めていた国立新美術館「ミュシャ展」に出向きました。ミュシャ展は2005年に東京都美術館で開催された時にも見ているのですが、今回はミュシャ畢生の超大作「スラヴ叙事詩」全20作品(チェコ以外世界初公開)が展示されているとあって、見逃せませんでした。

 
50歳から16年もの歳月をかけて最大610×810cmという途方もない大画面に描かれたスラヴ民族の歴史絵巻は、日本の神話や欧米の聖書とは異なるリアルな歴史であり、その苦難と栄光が奥行きのある濃厚な描写で重く彩られた圧倒的な迫力に魅了され、打ちのめされてしまいました。

 
会場は昨今のSNSへの配慮でしょうか、三つの展示フロアのうち一つのフロアの全体が撮影可能で、この超大作シリーズの5点が撮影OKというのは美術館の大英断であり、別の意味での感動でした。

 
会期は6月5日(月)まで。ちなみに3月末で観覧者が10万人を突破。GW以降はラストに向けて混雑することが予想されますので、今月中の観覧が狙い目かも。

4/16(日)AM9:00 NHK総合「日曜美術館」ミュシャ・未来を見つめる超大作「スラヴ叙事詩」放送

P1100208-3.JPG
●撮影が許可されたフロアには5点の作品が。

P1100226-3.JPG
●No.15 「イヴァンチツェの兄弟団学校」中央部分

P1100223-3.JPG
●No.17 「聖アトス山」

P1100232-3.JPGNo.18 「スラヴ菩提樹の下で行われるオムラジナ会の誓い」中央部分

P1100218-3.JPG
No.19 「ロシアの農奴制廃止」
 来場者も作品の一部に取り込まれたような感じです。

P1100227-3.JPG
No.19 「ロシアの農奴制廃止」の下部の一分

P1100215-3.JPG
●No.20 「スラヴ民族の賛歌」

P1100233-3.JPG
●No.20 「スラヴ民族の賛歌」の下部の一分

P1100229-3.JPG

P1100235-3.JPG


暑中お見舞い申し上げます。 [ARTな世界]

2012長岡花火.JPG


暑中お見舞い申し上げます。 

都知事選も済み、街は穏やかに夏本番を迎えました。(天変地異はご免です)

毎日元気にお励みのことと存じます。


ブログを永くお休みしており、みなさんへの訪問も滞っておりますが、

歳を考え、かねてから想定していた「まとめの時期」に入ったからで、

本人は変わらず、いたって元気にそのまとめ作業に取り組んでおります。

(もっとも2008年から開始した私のブログ自体、日記ではなく、自分史としてのまとめでしたが)


どうぞみなさんもご健勝で、猛暑に負けずに頑張っていきましょう。


写真は郷里「長岡大花火」名物スターマインの一つです。
 今年も8月2日と3日に開催されます。
  ★8月3日午後7時より BS日テレ(BS4) にて完全実況中継
 
 ★長岡花火公式WEBサイト  http://nagaokamatsuri.com/

 ★私の長岡花火関連記事   
  ◎長岡大花火の「大」には特別な意味が… 
http://fcmfcm.blog.so-net.ne.jp/2012-08-06
  ◎長岡大花火 2日間で103万人     http://fcm3.blog.so-net.ne.jp/2014-07-25
  ◎夏が来れば思い出す          http://fcm3.blog.so-net.ne.jp/2013-08-06





「昭和館」でデジタルアート展? [ARTな世界]

P1070787b-2.JPG


「昭和館」とは、九段にある本物の「昭和館」ではなくて
もちろんブログの、この「昭和館」のこと。

私は洋画が好きで、よくパソコンに録画しているのですが、
最近どうも調子が悪く、ところどころで画面が乱れるようになりました。

録画途中でたびたび

「正常に受信できませんでした。
 ケーブルやアンテナの状態を確認してください」とのメッセージ
簡単にチェックしたのだけれど、素人には直せない。
衛星アンテナを設置してから、もう11年になるから、
そろそろケーブルテレビに加入しなければダメかな、などと考えながら
先日録画した洋画をパソコン画面で見ていたら、
どんな情景か全くわからないほどのとんでもない画面の乱れ。
考えたら、かなり雨が降っていた日の録画でした。


「どうしようもない、この録画は削除」とあきらめて、
停止させたその画面をよく見たら、

ええっ。これって、アートじゃん!

シネマスコープ画面をトリミングして、
これぞ、ハプニング・デジタルアート!

私は遅れて登場した「21世紀のナム・ジュン・パイク」か。
前回がモノクロ写真だったので、今回はカラーです。


P107079b-27.JPG


P1070789b-2.JPG


P1070798b-2.JPG

P1070798b-3-20160309.jpg
●上のいたずら(バリエーション)


ちなみに、このアートの元になっている映画
昨年のアカデミー賞でエディ・レッドメインが主演男優賞に輝いた「博士と彼女のセオリー」。
映画の中盤、ホーキング博士がオペラに招待されて不在の折に
奥さんと子供たちが牧師さんといっしょにキャンピングに出かけたシーン。

詳しい内容は映画を見ていただくことにして、
ここではハプニングで生まれた私のアートを見てください。


P1070790c.JPG
●ノートリミングのシネマスコープ画面(上)と実際の場面(下、オンデマンド画面より採録)
P1070806.JPG

mig.jpg hakase_08.jpg


 







nice!(76)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「世界らん展」を過ぎたら、春。 [ARTな世界]

P1080913-2.jpg

presented by sig

春を告げる2月恒例の「世界らん展」。
今年は"らんを楽しむ。暮らしを彩る"のテーマで、
2月13日から19日まで東京ドームで開かれています。

大賞以下、各部門の受賞作のほか、
假屋崎省吾さん、長淵(志穂美)悦子さんの特設展示も人気。

巨大なジンベイザメで有名な「沖縄美ら海水族館」からやってきた
色とりどりの熱帯魚が泳ぐ大水槽や、
フラの本場?、あの「スパリゾート・ハワイアン」フラガールのトップダンサーたちによる
ポリネシアンショーなど盛りだくさんの内容で、
会場は最高に盛り上がっていました。

ランラン気分で花々を見て歩くうちに、
どこかで春風を感じたようでした。


日比谷公会堂はリニューアル直前です。 [ARTな世界]

P1080752c.JPG
●氷雨に煙る日比谷公会堂 2016.1.29撮影


日比谷公会堂は昭和4年(1929)開設。
今年86年目を迎え、耐震化等に伴う大規模改修工事に入るため、
この3月末をもって休館になるそうです。

日比谷公会堂主催の最後のイベントは2月13日土曜日、
ショスタコーヴィチ交響曲第9番・第15番演奏会」。
(500組1000名入場無料ですが、すでに12月に締切り
 日比谷公会堂主催以外の最後のステージは、2月22日「大月みやこコンサート」)

そのあとは、この外観がいつまで見られるかわかりません。
日比谷公園に足を運ばれたら、ぜひ早めにお立ち寄りのほど。

1階「アーカイブ・カフェ」は、もともとはチケット売り場。
入口のドアノブやアーチ形の天井など、懐かしい昭和の香りが漂い、
日比谷公会堂ゆかりの写真や資料が展示され、
フロア中央には大型の手回し蓄音機。
優しいマスターにお願いすると、ジャズや歌謡曲のレコードを聴けるかも。


P1080767-2.JPG P1080790-2.JPG

P1080787-2.JPG

P1080780-2.JPG P1080770c.JPG

P1080810-2.JPG

P1080814-2.JPG

P1080795-2.JPG

P1080819-2.JPG

★日比谷公会堂「アーカイブカフェ」関連記事
  
http://fcmfcm.blog.so-net.ne.jp/2011-09-09



NEC Direct(NECダイレクト)


前の5件 | - ARTな世界 ブログトップ