So-net無料ブログ作成
検索選択
昭和SHOWA ブログトップ
前の5件 | -

映画「日輪の遺産」の舞台、多摩弾薬庫を歩く。 [昭和SHOWA]

ポスター.JPG

日輪の遺産2.jpg


映画「日輪の遺産」は2011年の作品です。
太平洋戦争末期。敗戦を予感した帝国陸軍上層部が、南方戦線で奪取した時価900億円もの財宝を、戦後の復興のために隠密裏に多摩地域にある火工廠内の洞穴に秘匿。そのカモフラージュのために勤労動員された女子学生たちの運命やいかに、という著者の才気あふれる壮大な物語。

私がこの映画に興味を持ったのは、実にこの「陸軍火工廠多摩火薬製造所」…通称「多摩弾薬庫」が、今でもそのまま私の住む稲城市にあるからに他なりません。(範囲は隣接する多摩市にも亘っていましたが、現在多摩市のそのエリアは米軍多摩ゴルフ場になっています)

原作は浅田次郎。出版は19938月末ですから、氏が直木賞を受賞された1997年の「鉄道員(ぽっぽや)」よりも前ということで、初期の作品に当たると思います。
その頃でしょうか。氏は一時稲城市にお住いの時期があり、火工廠の存在に啓発されて構想が膨らんだものと思われます。

私も以前からこの中を観たいものだと思っていたのですが、春と秋の年2回、2日ずつ4日間、それぞれ135名に限って見学会が開催されるだけ。今年こそは、と待っていたらようやく機会に恵まれて念願の見学が実現したのでした。

この日は10月28日。
当日は快晴に恵まれて、勇躍メインゲートへ。パスポート持参者はOK。運転免許証を身分証明書代わりにという人は、最初に取得した時に申請した4ケタのパスワード2種を伝えなければなりません(覚えてますか?)。ここは今でもアメリカなのです。

P1060993のコピー.jpg
●米軍多摩サービスアネックス(通称・多摩弾薬庫)は複数の街区を合わせたほどに広大。
 下図の赤線が今回のルート。上の図の空白部分に埋め込みたいのですが、技術不足です。

P1060986_edited-1b.JPG

SnapShot(1).jpg
●左は私立稲城病院。その向こうの森一帯が
「多摩サービスアネックス」。


P1080434-2.JPG●入口
        SnapShot(2).jpgSnapShot(4)-2.JPG●ビークルを使う程施設内は広い。(私たちは歩きです)

SnapShot(5-2).jpgSnapShot(5-3).jpg
●「マムシに注意」の説明。植物は約800種。鳥、昆虫、両生類などは1100種以上。

SnapShot(6-2).jpg

P1080422-2.JPGP1080425-3.JPGP1080421-2.JPGP1080404-2.JPG
●米軍レクリェーション施設の色々


そんな訳で、この中で映画の撮影が許される訳はなく、「日輪の遺産」自体が大いなるフィクションなのですが、その舞台とされる多摩火薬製造所は実際には1938(S13)年から操業。第一工場から第三工場まで順次拡大し、手榴弾や中型、大型爆弾の炸薬の製造が行われていたということで、軍人、軍属の住宅をはじめ、男子寮、女子寮、共同浴場、病院などが整い、終戦間際には173ヘクタールの敷地内で2085名の人員が従事していたのだそうです。
    


終戦後は米軍に接収され、現在は「多摩サービスアネックス」という名称で、70年来手つかずの緑濃い多摩丘陵の中に、乗馬、フィールドアーチェリー、テニス、ソフトボールなどのスポーツ施設やキャンプ場、コテージなどが点在する米軍家族の格好のレクリェーション施設となっています。

その様変わりした光景の中に戦中を忍ぶよすがは薄れ、わずかに残された廃墟に当時の様子を想像する他ありませんでした。もちろん、財宝隠しの隠れ蓑として砲弾づくりに従事させられた女子挺身隊の悲劇の跡など、どこにも残っておりません。


SnapShot(0).jpg
●火薬や銃弾などを作っていた工場跡が見えてきた。
SnapShot(6-3).jpg
SnapShot(8-3).jpg
P1080413-2.JPG
●内部には何もなく、稼働時の様子は想像するしかありません。

P1080406-2.JPG
P1080405-2.JPGSnapShot(8-1).jpg

P1060988.JPG
SnapShot(8-6).jpgSnapShot(8-7)-2.JPG
SnapShot(5).jpg
P1060987.JPG

SnapShot(8-4).jpg

SnapShot (2).jpg
●上のシューティングゲーム広場は、下の写真のような居住区だったそうです。
P1060984.JPG

SnapShot(9).jpg
●地下に続く入口。エレベーターで人や機材などが昇降したということです。

P1080430-2.JPG
●工場や居住区へのエネルギーを供給するためのボイラー施設。外側の木造部は残っていません。
P1080432-2.JPG
●駅員3さんのブログでもおなじみの多摩弾薬庫のアイドル?「たまちゃん」 です。
P1080432b.JPG
SnapShot(13).jpg

SnapShot(30).jpg●日米友好

2011 日輪の遺産裏b.JPG

なお、「多摩サービスアネックス」は、この見学会の他に日米友好の定例市民イベントの会場となったり、駅員3さんのブログでも紹介されたように、ボーイスカウトの国際ジャンボリーなどにも利用されています。


★駅員3さんの「多摩弾薬庫」紹介記事はこちら。
 
http://kotarobs.blog.so-net.ne.jp/2009-11-24
 2009年の記事ですから、この記事にない写真が多数撮影されています。




nice!(56)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

3月8日。ああ、昭和がまたひとつ・・・ [昭和SHOWA]

P1060772b.JPG

SnapShot(10).JPG

SnapShot(5).JPG

SnapShot(7).JPG

P1060787-2.JPG P1060749b.JPG

つい先日、kurakichiさんのブログで、
1937年の創業以来、77年の歴史を刻んだ「ニュー・トーキョ­ー数寄屋橋本店」が、
2015年3月8日を以って閉店と聞きまし­た。
それは大変!
http://joun.blog.so-net.ne.jp/2015-03-02
 

昔は、日比谷でロードショーを観て、ニュー・トーキョーで食事…
20代の自分には、かなり豪華版のデートコースでした。
正面の大きなステンドグラスと、煉瓦に囲まれた雰囲気がとても豪華に感じられて、
ひと時の贅沢を満たしてくれたものでした。

そんな思い出のあるお店なので懐かしく、
あわてて電車に乗って、お別れ­の昼食を摂りに出向きました。
久しぶりなのに、お店はいつもと変わりなく迎えてくれました。
ここで食事するのも、これでおしまい。
やはり、寂しいですね。

なお、同店は3月2日、有楽町駅前の「有楽町電気ビル」に新たに­オープンしています。

P1060775b-2.JPG

P1060770-2-2.JPG

P1060759-2.JPG

P1060763-2.JPG

★店内の様子。これで見納めです。ぜひどうぞ。


P1060768-2.JPG

P1060761-2.JPG P1060757b.JPG

P1060766-2.JPG

P1060760-2.JPG

P1060779-2.JPG

P1060782-2.JPG

P1060781b.JPG

P1060780b.JPG

P1060754-2.JPG

                 P1050278.JPG


★以下の2枚は2013.10.8撮影
131008-1.JPG

131008-2.JPG


歌舞伎町コマ劇場に期待大。 [昭和SHOWA]

P1040927 150122.JPG
●靖国通りに面した歌舞伎町映画街の入口表示


新宿・歌舞伎町と言えば、映画街。(映画好きにとっては、だけど)
その象徴だったコマ劇場が、まもなく生まれ変わるというので、
氷雨が篠つく中、立ち寄ってみました。

もともとコマ劇場の売り物であった売れっ子演歌歌手の歌謡ショーにはあまり縁が無く、
映画館で映画を観なくなってから久しく遠ざかっていたのですが、
昔は洋画のロードショーと言えば、新宿ではコマ劇場を中心とするこの一帯でした。
その頃・・・昭和50年代から60年代にかけては洋画の全盛期で、
今では新宿で観たのか銀座で観たのか日比谷で観たのかは覚えがありませんが、

「空中ブランコ」「ジャイアンツ」「戦争と平和」「戦場にかける橋」「八十日間世界一周」「大いなる西部」(以上1950年代)、
「アラモ」「スパルタカス」「ベン・ハー」「栄光への脱出」「ナバロンの要塞」「エル・シド」「史上最大の作戦」「ハタリ」「アラビアのロレンス」「クレオパトラ」「マイ・フェア・レディ」「ローマ帝国の滅亡」「グレート・レース」「素晴らしきヒコーキ野郎」「ドクトル・ジバゴ」「2001年宇宙の旅」(以上1960年代)と、
ざっと数えただけでも、これだけの大作ぞろい。
その迫力を120%感じたいと、できるだけスクリーンの間近に席を取ったものでした。

「娯楽の王者」の名をほしいままにし、
映画全盛期と呼ばれた時代なればこその圧倒的な作品群に慣らされて、
「映画は絶対、大スクリーンで」という価値観が定着しました。
(シネコンの小さいスクリーンでは大作映画は観たくない)

ben.jpg loa ALA.jpg 20 01.jpg

その点、新しいコマ劇場は期待できます。
屋上に等身大のゴジラの頭部が見えて、おそらく咆哮するのでしょうが、
ま、ゴジラ世代と言えなくもないので、それはそれで楽しいのですが、
それよりもなによりもうれしいのは、IMAX(アイマックス)劇場ができるのです。

P1040493-2.JPG
●「みゅーざ川崎」内のIMAXシアター 2015

ご承知のようにIMAXは業界最大のスクリーンシステムです。
以前は新宿高島屋にあり、良く通ったのですが、
数年で無くなったあとは川崎まで足を延ばしていました。
それがこれからは身近で間に合うというのは、私にとって最大の期待なのです。
(あと数年で隣りの調布市にもIMAXという話もあり、実現すれば玄関から20分となりますヽ(^o^)丿)

ジャングルや海底などの広大な自然景観はもちろん、
都市のビルさえもほぼ原寸大で見せることのできるIMAX(やや誇張気味ですが)は
最先端の3Dシステムも備え(3D大好き)、21世紀においても最強の映像システムですが、
これからどんな世界を見せてくれるのか、
今からわくわくしているところです。

その陰で静かに消え去ろうとしているのが、1956年に開業した「新宿ミラノ座」。
青春時代、ここでもたくさんの映画を観ましたが、
ほんとうに寂しい限りです。


P1040931 150122.JPG
●正面がコマ劇場。左の低層階の屋上に、ゴジラの頭部が見えるようになるそうです。2015.1

P1040909-2.JPG
●新しいコマ劇場 2015.1

IMGP6541 040410.JPG
●コマ劇場 2004.4

IMGP9620 060118.JPG
●コマ劇場 2006.1
IMGP9621 060118.JPG
●コマ劇場 2006.1 上下とも
IMGP9627 060118.JPG
●新宿コマ劇場の左隣り 2006.1 上下とも
IMGP9635 060118.JPG
●新宿コマ劇場の左側 2006.1 上下とも
IMGP9632 060118.JPG

P1150684 110310.JPG
●新宿コマ劇場 2011.3  取り壊し前

IMGP9619 060118.JPG
●歌舞伎座を明るく安全な街に、と始まった「歌舞伎町ルネッサンス」2006年1月


IMGP6536 040410.JPG
●新宿ミラノ座 2004.4

IMGP9628 060118.JPG
●新宿ミラノ座 2006.1

P1040188 080422.JPG
●新宿ミラノ座 2008.4

P1040919 150122.JPG
●新宿ミラノ座 2015.1.22
P1040923  150122.JPG


◆19世紀末へのタイムスリップはいかがですか。
  新ブログ始めました映画誕生…タイムマシン創世記」。
  文字通り、映画というメディアがこの世に生まれるまでの物語です。
  映画がなぜタイムマシンなのか。
  ご興味がおありでしたら、ぜひアクセスしてください。
  不定期になりそうなので
  「読者になる」のクリックもお忘れなく、どうぞ。(*^_^*)
  → http://moviechronicle.blog.so-net.ne.jp/ 


来年、戦後70年。「平和70年」の重みをかみしめて…。 [昭和SHOWA]

P1050110-2.JPG
●二重橋

P1050120-2.JPGお堀端



本当に天が高い。

快晴の元、いつしか足は皇居に向かっていた。
何年振りだろう。高校の修学旅行以来か。
新年の一般参賀などには全く参加したことがないから、何十年ぶりだ。

二重橋が見たくなったのだ。


P1050042-2.JPG
●皇居前広場の一角

P1050034-2.JPG

P1050134-22.JPG

P1050135-22.JPG


思えば昭和は、ここで始まり、ここで終わった。
激動の時代の跡を刻み込んだ皇居前広場。
この聖地は今でも聖地のまま、
お堀にはゆったりと白鳥を浮かべて、美しいたたずまいを見せている。

二重橋は、昔見たイメージより、かなり古びた感じに見えた。
それが時代の流れというものだろうか。


P1050015-2.JPG

P1050090-2.JPG
●上下とも二重橋
P1050100-2.JPG


嬌声が上がり、にぎやかな一団がやってきた。
中国観光団。

二重橋を背景に、明るくポーズをとっては、写真を撮り合っている。
また観光バスが着いたらしく、次から次へとやってくる。
海外旅行は、平和だからできること。
また、日本びいきが増えたことだろう。


P1050114-2.JPG
●背景は日比谷通りの高層ビル群

                 ★動画をどうぞ。

                                                                  Movie by sig

P1050074-2.JPG

P1050116-2.JPG

P1050106-2.JPG

P1050044-2.JPG

P1050026-2.JPG P1050063-2.JPG

ふと振り返ると、一瞬、ここが日本かと思うほどの景観にびっくり。
それは、五大湖の湖畔に立ち並ぶ、シカゴのビル群のようだった。


動乱もなく、平和だったからこそ手にすることができた、この発展。
世界に例のない平和憲法で、戦争放棄を全うしてきた日本は、
今こそ誇りを持って「平和70年」を評価すべき時ではないか。


P1050033-2.JPG

P1050088b-2.JPG
●お堀側から展望した日比谷通りの高層ビル群









今は昔、丸の内「一丁倫敦」、三菱一号館。 [昭和SHOWA]

P1040982-2.JPG
●ニュースやドラマでおなじみ。東京駅のお決まりカット。

P1040979-2.JPG


東京駅が「丸の内駅舎保存・復元工事」を終えて新しくなってから
10月1日でちょうど満2年。
東京駅開業(1914T3)から数えると、満100年だそうです。

★関連記事  東京駅リニューアル・オープンは10月1日。
          
http://fcmfcm.blog.so-net.ne.jp/2012-09-24


100
年前、東京駅開業で一気に活気づいたのは、
駅前から皇居のお堀端にかかる丸の内と呼ばれる地でした。


P1040180-2.jpg
2009年にレプリカ再生された「三菱一号館」。現在は美術館、他
P1040181-2.JPG

P1040177-2.JPG    P1040176-2.JPG



このあたり一帯は明治の半ばまで陸軍省の軍用地でした。
1890(M23)年に、当時隆盛著しい三菱に払い下げられてから、
産業経済振興に向けた開発が進められ、首都にふさわしい基盤が築かれたのでした。

この街づくりに名を残すのは、ロンドン出身の建築家ジョサイア・コンドルです。
彼は1883(M16)年に日比谷に完成した「鹿鳴館」を設計しましたが、
1890(M23)年には三菱に顧問として迎えられていました。
広大な更地に、首都の中枢としてどんな街区を構成するのか。
まさに百年の計を任されたわけです。


Josiah-Conder.jpg
ジョサイア・コンドル


彼は渡英中の三菱幹部らの進言を汲み、
当時のロンドン、ロンパード街に倣って赤煉瓦ビル街をイメージし、
20間(約36m)の道路に接する、高さ50尺(約15m)の3階建て赤煉瓦造りで統一」することにしました。日本初の洋風オフィス街です。

こうして1894(M27)年竣工の「三菱一号館」を皮切りに「三菱二号館」「三菱三号館」が相次いで建設され、その建ち並ぶ様は100m以上に及んだため、「一丁倫敦(いっちょうロンドン)」と呼ばれました。


なお、三菱の一連の建物は1904(M37) 年竣工の第六号館、七号館まで及び、
東の日本橋を地盤として栄えた三井系の金融・経済・商業施設に対して、
西側の丸の内一帯は「三菱村」と呼ばれていたそうです。

こうした動きの中での東京駅開業でした。


SN00028一丁倫敦2.JPG
●現在の地図にみる「一丁倫敦」と呼ばれた地域 (グリーンに着色したあたり)
SN00029三菱一号館2-2.JPG

img_2.jpg

●「一丁倫敦」の展望。左手奥に皇居の櫓と石垣が見える。下にその部分を拡大。↓ 森に見えるのは皇居。

2b.JPG

一丁倫敦5 右・三菱一号館.jpg
●「一丁倫敦」の様子。上の写真では右手奥が「三菱一号館」。
           下の写真では右手前が「三菱一号館」。
           準に奥に「三菱二号館」「三菱三号館」「東京商工会議所」。 

一丁倫敦-2.JPG

一丁倫敦2-2.JPG
●上下/取り壊し前の「三菱一号館」(右の建物)。

1968 s43 解体前の三菱一号館2.JPG


月日は巡り、超高層ビルが林立する現在の丸の内。
依然として経済の中心を担っていますが、
明治の心意気、美意識を伝える赤煉瓦の建物は完全に消滅しました。

「三菱一号館」は存在しますが、2009年にレプリカ再生されたものです。


そして今年、東京駅100周年。

ほぼ創建当時の姿に復元された、その価値観の相違を考えずにはおられません。



現在の「三菱一号館」は
噴水のある中庭を擁する都会のオアシス、丸の内レストゾーンです。

P1040179-2.JPG

P1040150b-2.JPG  P1050157-2.JPG
●丸の内美人
             ●美術館入口

P1040154-2.JPG
●美術館側からの通りから中庭へのコンコース 

P1040159-2.JPG P1040165-2.JPG

P1040161-2.JPG

P1040166-2.JPG

P1040164-2.JPG

P1050160-2.JPG
●中庭での憩い

P1040156-2.JPG

P1000911-2.JPG

P1000910-2.JPG

P1000904-2.JPG

P1000893-2.JPG P1040171-2.JPG



●ジョサイア・コンドルはその後、東京大学工学部の前身・工部大学校の教師になります。その第1期生として首席で卒業したのが辰野金吾でした。
 辰野はのちにロンドンに国費留学して西洋建築を学び、帰国後、日本銀行本店や当時中央停車場と呼ばれた「東京駅」を設計することになるのです。


P1020229-2.JPG


●一丁倫敦関係の写真は「丸の内百年のあゆみ: 三菱地所社史」より借用しました。


●「三菱一号館」についてはkurakchiさんのブログに詳しい記述がありますので、ご参照ください。
   
  http://joun.blog.so-net.ne.jp/2014-09-25


●記述に間違いがあれは、コメント欄か、ブログ左袖上の「連絡先」まで
 メールでお知らせいただけたら幸甚です。



★関連記事  東京駅リニューアル・オープンは10月1日。
          
http://fcmfcm.blog.so-net.ne.jp/2012-09-24

       





前の5件 | - 昭和SHOWA ブログトップ