So-net無料ブログ作成

今は昔、丸の内「一丁倫敦」、三菱一号館。 [昭和SHOWA]

P1040982-2.JPG
●ニュースやドラマでおなじみ。東京駅のお決まりカット。

P1040979-2.JPG


東京駅が「丸の内駅舎保存・復元工事」を終えて新しくなってから
10月1日でちょうど満2年。
東京駅開業(1914T3)から数えると、満100年だそうです。

★関連記事  東京駅リニューアル・オープンは10月1日。
          
http://fcmfcm.blog.so-net.ne.jp/2012-09-24


100
年前、東京駅開業で一気に活気づいたのは、
駅前から皇居のお堀端にかかる丸の内と呼ばれる地でした。


P1040180-2.jpg
2009年にレプリカ再生された「三菱一号館」。現在は美術館、他
P1040181-2.JPG

P1040177-2.JPG    P1040176-2.JPG



このあたり一帯は明治の半ばまで陸軍省の軍用地でした。
1890(M23)年に、当時隆盛著しい三菱に払い下げられてから、
産業経済振興に向けた開発が進められ、首都にふさわしい基盤が築かれたのでした。

この街づくりに名を残すのは、ロンドン出身の建築家ジョサイア・コンドルです。
彼は1883(M16)年に日比谷に完成した「鹿鳴館」を設計しましたが、
1890(M23)年には三菱に顧問として迎えられていました。
広大な更地に、首都の中枢としてどんな街区を構成するのか。
まさに百年の計を任されたわけです。


Josiah-Conder.jpg
ジョサイア・コンドル


彼は渡英中の三菱幹部らの進言を汲み、
当時のロンドン、ロンパード街に倣って赤煉瓦ビル街をイメージし、
20間(約36m)の道路に接する、高さ50尺(約15m)の3階建て赤煉瓦造りで統一」することにしました。日本初の洋風オフィス街です。

こうして1894(M27)年竣工の「三菱一号館」を皮切りに「三菱二号館」「三菱三号館」が相次いで建設され、その建ち並ぶ様は100m以上に及んだため、「一丁倫敦(いっちょうロンドン)」と呼ばれました。


なお、三菱の一連の建物は1904(M37) 年竣工の第六号館、七号館まで及び、
東の日本橋を地盤として栄えた三井系の金融・経済・商業施設に対して、
西側の丸の内一帯は「三菱村」と呼ばれていたそうです。

こうした動きの中での東京駅開業でした。


SN00028一丁倫敦2.JPG
●現在の地図にみる「一丁倫敦」と呼ばれた地域 (グリーンに着色したあたり)
SN00029三菱一号館2-2.JPG

img_2.jpg

●「一丁倫敦」の展望。左手奥に皇居の櫓と石垣が見える。下にその部分を拡大。↓ 森に見えるのは皇居。

2b.JPG

一丁倫敦5 右・三菱一号館.jpg
●「一丁倫敦」の様子。上の写真では右手奥が「三菱一号館」。
           下の写真では右手前が「三菱一号館」。
           準に奥に「三菱二号館」「三菱三号館」「東京商工会議所」。 

一丁倫敦-2.JPG

一丁倫敦2-2.JPG
●上下/取り壊し前の「三菱一号館」(右の建物)。

1968 s43 解体前の三菱一号館2.JPG


月日は巡り、超高層ビルが林立する現在の丸の内。
依然として経済の中心を担っていますが、
明治の心意気、美意識を伝える赤煉瓦の建物は完全に消滅しました。

「三菱一号館」は存在しますが、2009年にレプリカ再生されたものです。


そして今年、東京駅100周年。

ほぼ創建当時の姿に復元された、その価値観の相違を考えずにはおられません。



現在の「三菱一号館」は
噴水のある中庭を擁する都会のオアシス、丸の内レストゾーンです。

P1040179-2.JPG

P1040150b-2.JPG  P1050157-2.JPG
●丸の内美人
             ●美術館入口

P1040154-2.JPG
●美術館側からの通りから中庭へのコンコース 

P1040159-2.JPG P1040165-2.JPG

P1040161-2.JPG

P1040166-2.JPG

P1040164-2.JPG

P1050160-2.JPG
●中庭での憩い

P1040156-2.JPG

P1000911-2.JPG

P1000910-2.JPG

P1000904-2.JPG

P1000893-2.JPG P1040171-2.JPG



●ジョサイア・コンドルはその後、東京大学工学部の前身・工部大学校の教師になります。その第1期生として首席で卒業したのが辰野金吾でした。
 辰野はのちにロンドンに国費留学して西洋建築を学び、帰国後、日本銀行本店や当時中央停車場と呼ばれた「東京駅」を設計することになるのです。


P1020229-2.JPG


●一丁倫敦関係の写真は「丸の内百年のあゆみ: 三菱地所社史」より借用しました。


●「三菱一号館」についてはkurakchiさんのブログに詳しい記述がありますので、ご参照ください。
   
  http://joun.blog.so-net.ne.jp/2014-09-25


●記述に間違いがあれは、コメント欄か、ブログ左袖上の「連絡先」まで
 メールでお知らせいただけたら幸甚です。



★関連記事  東京駅リニューアル・オープンは10月1日。
          
http://fcmfcm.blog.so-net.ne.jp/2012-09-24

       





ガードフェチ? KANDA [昭和SHOWA]

P1040505b.JPG



またガードかって? まあ、そう言わずに。

神田も仕事でよく通ったけれど、
当時の雰囲気を変わらずに残しているのは、駅周辺のガードのあたりだけ。

ガードに引き付けられるのは、
そこはある種の異次元空間で、
ガード下はまさにタイムトンネル。
そこには まぎれもない「昭和」の空気が 今でも漂っているように思えるから。

ということで、今回は「東京駅」から「神田駅」まで、
例によって煉瓦の城壁伝いに歩いてみた。

この日はそのまま秋葉原まで歩いたので、
次回はアキバを。



P1040497.JPG
●いっこくばし。高速道路はすべて耐震工事中。

P1040502.JPG
●東京駅を離れて神田に向かいます。東京駅方面を振り返ったところ。

P1040503.JPG

P1040507.JPG
●夜を待つ屋台は「昭和」そのもの。屋台を載せたリヤカーも懐かしい。

P1040511-2.JPG
●神田川

P1040512-2.JPG
●龍閑橋架道橋 上下とも
P1040514-2.JPG

P1040517-2.JPG

P1040518b.JPG  P1040523-2.JPG 
●神田駅近し。 上下とも
P1040520-2.JPG

P1040525-2.JPG
●神田駅前 上下とも
P1040532-2.JPG


1970 大衆食堂.JPG
●1970年の大衆食堂街。今とほとんど変わっていませんね。(毎日新聞社)


P1040534-2.JPG  P1040563-2.JPG
●神田駅構内通路

●以下 神田駅前寸景
P1040535-2.JPG

P1040537-2.JPG

P1040541-2.JPG

P1040543-2.JPG

P1040546-2.JPG

P1040547-2.JPG

P1040548-2.JPG
●そうだ。神田は「アキバ」の隣りなのだ。

P1040550-2.JPG

P1040554-2.JPG

P1040564-2.JPG
●神田で寿司を食わないのは、江戸っ子とは言えないのだ。

P1040556-2.JPG
●この角は、和風の料理屋のようなつくりで、なかなかいい感じ。

P1040559-2.JPG
●それにしても、このガードの幅の広いことに、今さらながら気づきました。

P1040568-2.JPG

P1040565-2.JPG
●何か足りない、と思ったら、アーケードになっていないのでした。これがガード商店街の特徴かも。

P1040560-2.JPG
●ここなんか、クーラーが置いてなきゃ まるで戦後そのまんま。


★都心部 「JR ガードシリーズ」のご紹介
http://fcm3.blog.so-net.ne.jp/2014-03-15 有楽町
http://fcm3.blog.so-net.ne.jp/2014-03-19 有楽町
http://fcm3.blog.so-net.ne.jp/2014-03-21 有楽町
http://fcm3.blog.so-net.ne.jp/2014-03-26 有楽町
http://fcm3.blog.so-net.ne.jp/2014-03-28 日比谷
http://fcm3.blog.so-net.ne.jp/2014-04-01 日比谷
http://fcm3.blog.so-net.ne.jp/2014-04-11 新橋
http://fcm3.blog.so-net.ne.jp/2014-04-15 新橋
http://fcm3.blog.so-net.ne.jp/2014-04-16-1 新橋
http://fcm3.blog.so-net.ne.jp/2013-12-23  御徒町(アメ横)







長岡大花火、2日間で103万人に観ていただきました。 [昭和SHOWA]

復興祈願花火フェニックス2012.JPG

                          ●廃墟の中から立ち上がった長岡市の象徴、復興祈願花火「フェニックス」

正三尺玉 (1)-2.JPG
                         ●正三尺玉と長生橋にかかる光のナイアガラ大瀑布


8月2日と3日の二日にわたり、それぞれ2発。
長岡は信濃川上空の夜空いっぱいに、
轟音を響かせて華開く正三尺玉の大花火。

開始のサイレンとともに直径90センチの大玉が打ちあがると、
600メートル上空で直径650メートルのしだれ柳が花咲く。

頭上に覆いかぶさるように広がった満天の流れ星は、
やがて信濃川の水面に届くまでしだれ落ちてくる。

長岡の花火は、850メートルに及ぶ広大な川幅を生かして、
ベスビアス大スターマイン、ベスビアス超大型スターマイン、
ワイドスターマイン、ミラクルスターマイン…と、
どれもみんな「超ランク」の大型花火が目白押し。

単発の打ち上げも、すべて尺玉(直径30センチ)以上という豪華さ。
特に毎年大人気の、超ワールドワイド・ビッグスクリーン「フェニックス」。
そして、NHK大河ドラマ「天地人」にちなんだ「天地人花火」も、
2009年以来の人気プログラムとして、今年も健在。



正三尺玉 (2)-2.JPG
                                         ●毎年大人気の超ビッグスケール「天地人花火」

「長岡花火を見ると、なぜかこみあげてくる」とは、よく聞く話。
言葉通りドーンと胸を打つ空気圧と、覆いかぶさってくる色とりどりの火花は、
それだけでも十分感動に値するけれど、
長岡花火のこころは、戦争で亡くなった人たちに対する慰霊と鎮魂。

昭和2081日に襲来したB29の大空襲で長岡市街はたちまち焦土と化し、
たくさんの人命が失われた。
長岡大花火は、その御霊よ安らかに、との願いを込め、
一日も早い復興を願う「復興祭」の一環として打ち上げられた、
祈りの花火だった。


戦後69年。

長岡大花火は、国事多難な折、今年は特に、
例年以上の「恒久平和への願い」を込めて打ち上げられることになりそうだ。
今年10周年目を迎えた「フェニックス」は、どんな趣向を見せてくれるだろうか。



■81秒の予告で、長岡大花火のスケールとすばらしさをご覧いただけます。
 なお
、2日、3日とも下記のUstreamによる完全実況生中継をお楽しみ頂くことができます。  

  今年は私もこちらで楽しませていただきます。花火開始は午後7時からです。
  http://www.ustream.tv/channel/nagaokahanabi
 







★大型花火目白押しの打ち上げタイムスケジュールは下記に。ぜひご覧ください。

●長岡まつり協議会   http://nagaokamatsuri.com/

●8/2 花火プログラム http://nagaokamatsuri.com/2ka.html

            「大花火大会 1日目」の表示をクリック

●8/3 花火プログラム http://nagaokamatsuri.com/3ka.html   

            「大花火大会 2日目」の表示をクリック



★過去の長岡大花火関連記事

・夏が来れば思い出す。     http://fcm3.blog.so-net.ne.jp/2013-08-06
・全国各地で花開く、長岡大花火。
http://fcmfcm.blog.so-net.ne.jp/2012-05-25


 

復興祈願花火フェニックス 2011.JPG
                                 ●復興祈願花火「フェニックス」
                                   写真はすべて長岡市商工部観光企画課の提供です。感謝。







汽笛一声のスタート地点は、今。SHINBASHI [昭和SHOWA]

P1000667.JPG
●上下/汐留シティセンター
P1000648.JPG  P1000668.JPG 
●「汐留シオサイト」のビル群
P1000647.JPG  P1000670.JPG
                                    ●鋭利な刃物を思わせるユニークな電通本社ビル


JR新橋駅に近接し、北は銀座の南端、南は浜松町駅におよぶこの汐留地区は、
20世紀には国鉄の汐留貨物駅を含めておよそ31haという広大な引込み線があった場所だ。


P1030209.jpg
●国土地理院発行 昭和30年(1955)の汐留。
 ピンクの楕円が現在の「汐留シオサイト」として再開発。1992年~2007年竣工。


20世紀末に、ここに21世紀の近代的な街づくりの計画が決まると

まず、何か月間かかけて、膨大な敷地に広がるレールが取り除かれた。

しばらくは文字通り広い広い、何もないコンクリートの「広場」のままになっていたけれど、
その空き地を利用して、仮施設による数か月間限定のイベントが開かれたりした。
子供向けのゴーカートコースを併設した家族向けのイベントや、
確か、「木下大サーカス」だったか、世界的に有名なサーカス、
また、固定された劇場を持つ前の、劇団四季のミュージカル「キャッツ」も
この地で公演された記憶がある。

道路の建設やビルの工事が動き出したのは、21世紀を目前にした1998年頃からだった。
それは、バブル崩壊以後の長引く低迷からの脱却と、
名実ともに新しい21世紀の街のかたちの先駆けとして着工されたものだった。

20世紀末に着工された高層ビルは、早くは20世紀が幕を降ろす前に。
その他の新しいビル群も2003年頃には勢ぞろい。
こうして新世紀を迎えた「汐留シオサイト」と「チッタイタリア」は、
文字通り、都心における最先端のオフィス街、ファッションタウンとしてその全貌を現した。

この地で発掘調査が行われた江戸時代の遺跡はすべて埋め尽くされて、ビルの下。
今は0マイルの里程標とレールの一部が、
1870年(明治3年)、ここを起点に横浜まで開通した陸蒸気のなごりを伝えている。


200066.jpeg
●ほら、上の浮世絵の左に書いてある半円形の窓も、下のように復元されていますよ。
P1000650.JPG
●発掘・復元された旧新橋停車場ホームと0マイル標識
P1000656.JPG

                  P1000654.JPG     

P1000658.JPG

P1000659.JPG  P1000660-1.JPG
                              P1000660.JPG

P1000662.JPG
●堂々たる威容を誇る旧新橋駅(写真左手)

SN00019の22.JPG
●右のグレーの部分が旧新橋停車場のあったところ Google Map

shiodome 001-2.JPG
●上と下/遺跡発掘調査中の汐留貨物駅引き込み線ゾーン 1996.5.14撮影 by sig
shiodome 0021-2.JPG


P1000666.JPG

P1000665.JPG

P1000671.JPG

P1000673.JPG
●カレッタ汐留 / 四季劇場

P1000674.JPG

P1000676b.JPG


P1000677-2.JPG

P1000680.JPG
●お台場や国際展示場に向かうモノレール「ゆりかもめ「新橋」駅

●奇しくも、この記事を書いているときに下の記事が…。朝日新聞 2014.4.15 朝刊 多摩版
asahi 140416-1b.JPG

[ELLE cafe エル カフェ] ローズマリー風味のオリーブとチーズのケークサレ


カラスが鳴いたら、烏森口。SHINBASHI [昭和SHOWA]

P1200818.JPG
●新橋駅前 機関車広場から「汐留シオサイト」のビル群と 月 を望む。

P1200862.JPG
●新橋駅 烏森口

P1200796.JPG
●上下とも 機関車広場
P1200822.JPG


P1200810.JPG

P1200817.JPG
●人待ち顔のサラリーマンと、カモねらいの報道カメラマン
P1200802.JPG P1200855.JPG


「カラスが鳴くから、帰~~ろ」。

終業時間が近づけば緊張から解放されて、
新橋界隈のオフィス内にもゆとりが戻る。
今日一日は短かったか、長かったか・・・。
それはその日の仕事のはかどり具合。

カラスが鳴いたら、烏森口(からすもりぐち)。
さあ、行きつけのお店でちょっと小腹を満たして、ついでに軽く一杯。
さて。電車で1時間余りの帰途に就くとするか。


P1200859.JPG

                         P1200856.JPG
                         ●前回に続いてまたも紹介、立喰い寿司「魚がし日本一」 

P1200892.JPG

     
P1200866.JPG

P1200875.JPG

P1200883.JPG

P1200864.JPG

P1200890.JPG

P1200878.JPG

P1200886.JPG

P1200867.JPG


P1200874.JPG  P1200839.JPG
●ガードの向こうは汐留の新街区               ●ガードの向こうは銀座8丁目